Home page logo
/
Zenmap screenshot
Intro Reference Guide Book Install Guide
Download Changelog Zenmap GUI Docs
Bug Reports OS Detection Propaganda Related Projects
In the Movies In the News
Example Nmap output

Nmap Network Scanning

ターゲットの指定

Nmapのコマンドラインで、オプション(もしくはオプションの引数)でないものはすべて、ターゲットホストの指定として扱われる。最も簡単な例は、スキャンを行うターゲットのIPアドレスやホスト名の指定である。

隣接した複数のホストから成るネットワーク全体をスキャン対象としたい場合は、CIDR表記のアドレス指定を利用できる。IPアドレスやホスト名の末尾に<bit数>を付加すると、Nmapは、アドレスの上位から指定した<bit数>までが参照するIPアドレスや特定のホスト名と同じアドレスをすべてスキャンする。例えば、192.168.10.0/24を指定すると 192.168.10.0 (2進表示: 11000000 10101000 00001010 00000000)から192.168.10.255 (2進表示: 11000000 10101000 00001010 11111111)までの256のホストがスキャンされる。192.168.10.40/24を指定しても、まったく同じ結果になる。ホスト scanme.nmap.orgのIPアドレスが205.217.153.62であるとすると、scanme.nmap.org/16という指定では、205.217.0.0 から 205.217.255.255 までの65,536個のIPアドレスをスキャンすることになる。指定可能な最小値は/1であり、これはインターネットの半分をスキャンすることになる。最大値は/32で、すべてのアドレスビットが固定されるので、指定したホストやIPアドレスだけがスキャンされる。

CIDR表記は簡潔であるが、必ずしも十分な柔軟性があるわけではない。例えば、192.168.0.0/16をスキャンする際に、.0や.255で終わるアドレスは、通常はブロードキャストアドレスなのですべて対象から除外したい場合があるだろう。Nmapではこのケースには、オクテット(octet=8bit)範囲のアドレス指定によって対応する。通常のIPアドレスを指定する代わりに、コンマ区切りの数のリストや各オクテット(8bit)の範囲を指定できる。例えば、192.168.0-255.1-254と指定すると、.0と.255で終わる範囲のアドレスはすべて省かれる。この範囲は最後のオクテットだけに限る必要はない。すなわち、0-255.0-255.13.37と指定すると、13.37で終わるすべてのIPアドレスをインターネット全体でスキャンする。このような広範囲からのサンプリングは、インターネットの調査や研究を行う場合に役立つ。

IPv6アドレスは、完全修飾形(省略なし)のIPv6アドレスやホスト名でしか指定できない。IPv6では、CIDRやオクテット範囲は使い道がほとんどないため、サポートされない。

Nmapはコマンドラインでの複数のホスト指定方法に対応しており、すべて同じ形式にしなくてもよい。nmap scanme.nmap.org 192.168.0.0/8 10.0.0,1,3-7.0-255というコマンドを実行しても、期待通りの結果になる。

ターゲットは通常、コマンドライン上で指定されるが、以下のオプションもまた、ターゲットの選択を制御するために利用できる。

-iL <inputfilename> (リストから入力)

<入力ファイル名>から、ターゲットの指定を読み込む。コマンドラインで非常に巨大なホストリストを渡すのは不適切である場合が多いが、それが望まれるのもよくあるケースである。例えば、スキャンの対象にしたいと考えている目下の割り当てアドレスの10000個のリストが、DHCPサーバからエクスポートされる可能性もある。あるいは、不正な固定IPアドレスを使用しているホストの位置を示すアドレスを除いたすべてのIPアドレスをスキャンしたいと思う場合もあるかもしれない。とにかく、スキャンするべきホストのリストを作成し、そのファイル名を-iLオプションの引数としてNmapに渡せばよい。入力の形式は、Nmapがコマンドラインで対応しているもの(IPアドレス、ホスト名、CIDR、IPv6、オクテット範囲)なら何でもよいが、各入力は、1つ以上のスペース、タブ、改行文字で区切る必要がある。実際のファイルではなくて標準入力から、Nmapにホストを読み込ませたい場合は、ファイル名としてハイフン(-)を指定するとよい。

-iR <num hosts> (ターゲットを無作為に選ぶ)

インターネット全域に対する調査や研究を行う場合、ターゲットを無作為に選びたい場合もあるだろう。<ホスト数>の引数は、IPをいくつ生成するべきかをNmapに伝える。プライベート、マルチキャスト、未割り当てなどのアドレス範囲のような望ましくないIPは、自動的に飛ばして進むようになっている。引数に0(ゼロ)を指定すると、スキャンが無限に続けられる。ただし、ネットワーク管理者のなかには、自身の管理するネットワークを不正にスキャンされたことに腹を立ててクレームをつける場合もあることに注意しておこう。このオプションは、自己責任で使用すること! 雨の日の午後、退屈しのぎに拾い見るためのWebサーバを無作為に見つけたい場合は、nmap -sS -PS80 -iR 0 -p 80というコマンドを試してみるとよい。

--exclude <host1[,host2][,host3],...> (ホスト/ネットワークを除外する)

ターゲットのコンマ区切りリストを指定し、それらが指定した全ネットワーク範囲の一部であっても、スキャン対象から除外されるようにする。引数として渡すリストでは通常のNmap構文が用いられるので、ホスト名、CIDR表記のネットブロック、オクテット範囲などを含めることもできる。このオプションが役に立つのは、スキャンしたいネットワークに、ポートスキャンによって悪影響が及ぶことがわかっている、触れてはならないミッションクリティカルなサーバやシステムや、他人が管理しているサブネットワークが含まれる場合である。

--excludefile <exclude_file> (ファイルからリストを除外する)

--excludeオプションとほぼ同じ機能を提供するが、異なる点は、除外されるターゲットが、コマンドラインではなく、改行文字、スペース、タブなどで区切った<除外ファイル>で渡されることである。

[ Nmap | Sec Tools | Mailing Lists | Site News | About/Contact | Advertising | Privacy ]