Home page logo
/
Intro Reference Guide Book Install Guide
Download Changelog Zenmap GUI Docs
Bug Reports OS Detection Propaganda Related Projects
In the Movies In the News

Sponsors


Nmap Network Scanning

サービスとバージョンの検出

リモートマシンをターゲットにしてNmapを実行した結果、25/tcp、80/tcp、53/udpの各ポートが開いていることが判明したとしよう。Nmapは、約2200個のよく知られたサービスから成るnmap-servicesのデータベースを用いて、これらのポートがそれぞれメールサーバ(SMTP)、Webサーバ(HTTP)、ネームサーバ(DNS)に相当するとレポートする。通常、この検索結果は正確である。すなわち、TCPポート25番で待ち受けするデーモンの大部分は、実際にメールサーバである。だが、これをすべて鵜呑みにしてはいけない。通常とは異なるポートでサービスが実行されるケースも実際にあり得る。

たとえNmapが正しくて、上で仮定したサーバがそれぞれSMTP、HTTP、DNSサーバを実行している場合でも、これは多くの情報にはならない。自社やクライアントの脆弱性調査(簡単なインベントリ調査の場合でも)を実施する際には、どのメールサーバやDNSサーバが動作中であるかを知りたいはずである。正確なバージョン番号を入手することは、サーバがどのような攻撃に対して脆弱であるかを判断するのに大いに役に立つ。バージョン検出はこうした情報を入手するのに役立つ手法である。

別のスキャン手法を用いてTCPポートや UDPポートを発見したら、そこで何が実行されているかについての詳細を明らかにするために、これらのポートをバージョン検出によってさらに綿密に調査する。nmap-service-probesデータベースには、様々なサービスの問い合わせを行うためのプローブや、応答を識別して解析するための照合表現が含まれている。Nmapは以下の情報の特定を試みる:サービスプロトコル(例:ftp、ssh、telnet、http)、アプリケーション名(例:ISC Bind、Apache httpd、Solaris telnetd)、バージョン番号、ホスト名、デバイスタイプ(例:プリンタ、ルータ)、OSファミリ(例:Windows、 Linux) さらには、Xサーバが接続に対してopen状態にあるかどうかや、SSHプロトコルのバージョン、KaZaAのユーザ名などのその他様々な詳細情報の特定が試みられる場合もある。もちろんたいていのサービスは、これらの情報をすべて提供できるわけではない。NmapにOpenSSLのサポート機能が組み困れている場合は、SSLサーバに接続して、この暗号化層の背後で待ち受けしているサービスを推定する。RPC(Remote Procedure Call)サービスが発見された場合は、RPCプログラムとバージョン番号を特定するためにNmapのRPCグラインダー(-sR)が自動的に使用される。UDPポートスキャンを実行しても、「open」か「filtered」かを判定できなかった一部のポートは、open|filtered状態として保留される。バージョン検出は、これらのポートから応答を導き出して、可能な場合はその状態を「open」に変更しようと試みる。open|filteredのTCPポートも同様に取り扱われる。ここで注目すべき点は、バージョン検出がNmapの-Aオプションで有効になる機能の1つに含まれることである。バージョン検出のメカニズム、使用法、カスタマイズ方法に関する論文は、以下で入手できる:http://www.insecure.org/nmap/vscan/

Nmapがサービスからの応答を受信しても、データベースに一致するものが見つからなかった場合は、特別なフィンガープリントとURLが出力される。このURLは、ポートで何が動作しているかが確実に分かっている場合に、フィンガープリントを投稿していただくためのものだ。あなたの発見がいろいろな人のためになるよう、2、3分もかからないのでぜひ投稿していただきたい。こうした投稿のおかげで、Nmapは、smtp, ftp, httpなどの350以上のプロトコルに対する約3000件のパターン照合例を備えるまでになっている。

バージョン検出は、以下のオプションで実行および制御が可能である:

-sV (バージョン検出)

上で述べたようなバージョン検出を実行する。またもう1つの方法として、-Aオプションを使うと、OS検出とバージョン検出の両方を実行できる。

--allports (バージョン検出の対象からすべてのポートを除外しない)

デフォルトでは、Nmapのバージョン検出は、TCPポート9100番をスキップするようになっている。一部のプリンタはこのポートに送られたものは何でも出力するので、HTTP GETリクエストやバイナリ形式のSSLセッションリクエストなどのページが何十枚も印刷されることになるからだ。この動作を変更するには、nmap-service-probesの当該の「除外」(Exclude)ディレクティブを変更あるいは削除するか、もしくは--allportsを指定すると、Excludeディレクティブに関係なくすべてのポートがスキャンされるようにできる。

--version-intensity <intensity> (バージョンスキャンの強度を設定)

Nmapは、バージョンスキャン(-sV)を実行する際に、1から9までの「希少」(rarity)値が割り振られた一連のプローブを送信する。この希少値が小さいプローブほど、よく用いられる各種サービスに対して有効であり、この希少値が大きいプローブほど、用途が限られることになる。強度レベルは、どのプローブを適用するべきかを指定するオプションである。この数字が大きいほど、サービスが正しく特定される確率は高くなる。だが、強度が高いスキャンは、それだけ時間がかかる。強度は0から9の間で指定する必要があり、デフォルトは7である。nmap-service-probesportsディレクティブによって、ターゲットポートにプローブを登録すると、このプローブは強度レベルに関係なく試行される。これにより、DNSプローブは常に開ポート53番に対して試行され、SSLプローブはポート443番に対して実行されるようにすることなどができる。

--version-light (ライトモードを有効にする)

これは、--version-intensity 2の場合に便利なエイリアスである。このライトモードを使うと、スキャンを通常よりずっと高速に行うことができるが、サービスを特定できる確率はやや低くなる。

--version-all (プローブを1つずつ試行する)

--version-intensity 9の場合に有用なエイリアスで、各ポートに対してプローブが1つずつ試行されるようにする。

--version-trace (バージョンスキャンの動作状況を追跡する)

これにより、Nmapは、どのようなバージョンスキャンが実行されているかに関する広範なデバッグ情報を出力する。この情報は、--packet-traceによって得られるものの一部である。

-sR (RPC スキャン)

この手法は、Nmapの他の様々なポートスキャン手法と連携して機能する。「open」状態であることが確認されたすべてのTCP/UDPポートに対して、SunRPCプログラムのNullコマンドを大量に送信し、ポートがRPCポートであるかどうかを判定し、そうである場合は、そこで実行されているプログラム名とバージョン番号の特定を試みる。従って、ターゲットのポートマッパーがファイアウォールの背後にある(あるいはTCPラッパーで保護されている)場合でも、rpcinfo -pの結果と同じ情報を効率的に取得することができる。現時点では、囮(おとり)は、RPCスキャンとは連携して機能しない。要求があれば、バージョンスキャン(-sV)の一部として自動的に有効になる。すでにバージョン検出に含まれており、そちらのほうがずっと包括的なので、-sRが必要になることはめったにない。

[ Nmap | Sec Tools | Mailing Lists | Site News | About/Contact | Advertising | Privacy ]